12月 05 2014

企業の持つ効力のブランディングとは。

企業のブランディングとは、顧客のニーズや視点から発想、企画したコンセプトや会社理念もとに、常に、顧客の期待や信頼関係に応えるように行動し、良質な商品の提供を続けることで、商品を使用する顧客を含めたステークホルダーの共感や指示を拡大していくことやそれに関連する活動のことを言いますが、その使用方法は、ブランドネームやロゴ、意匠などによる他の商品との差別化、PRや広告、多様にマーケティング戦略として用いられますが、なによりも「顧客にとっての価値」を最大限に高めていくことが一番の目的であります。またその効果は、ブランドネームやロゴ、意匠などの個性的なイメージよる強力な商品差別化や顧客の知識が整理されることで再度同じ商品を選んで頂く選択意思決定の単純化、親しみや信頼感が増すとされることでブランドオリジナルが形成される消費者の顧客化、品質や価格のみならず顧客にとっての価値でも差別化する価格競争の回避、販売促進の必要度を低下させることを可能にするプロモーションコストの削減などが挙げれます。

私の友人が行おうとしている企業ブランディングとは

私には、最近企業した友人がいます。彼は、地元の特産品を使った加工食品を製造、販売する会社を立ち上げました。私が、彼にこれからどのように販売を行うのか聞いたところ、非常に面白いブランディングを行い、販売を伸ばす計画であると教えてくれました。彼が行おうとしているブランディングとは、新商品のサンプルを、無料でとにかく配るというものです。私はこれを聞いたとき、そんなことをして本当に大丈夫なのかと心配になりましたが、彼には信念がありました。彼の考えでは、地元の特産品を使っている以上、一番は地元の人たちに身近に感じてもらえる商品にしたいという事でした。そしてそのためには、いつでも手元にその商品がある状態にしたい、だからまずは無料で配って、手元に置いてもらうのだという事でした。彼の地元への愛情に、私はうれしくなりました。

企業にとってブランディングとは何か

企業にとって生き残っていくのは簡単なことではありません。実際、潰れていく企業が後を絶ちません。生き残りのためには戦略が重要です。最近、よく主張されているのが、ブランディングの戦略的重要性です。では、ブランディングとは何なのでしょうか。ブランディングを一言で言うと価値と言って良いでしょう。こうした価値を構築できるか否かが重要なのです。ブランディングに成功すればお客の方が選んでくれます。だから、頑張ってブランディングに励むだけの価値はあるのです。では、その価値はどこにあるのでしょうか。多くの人が勘違いしていますが、それは人の頭の中にあるのです。だから、人の頭の中に価値を植え付けるのがブランディングなのです。これは簡単なようで難しいものです。しかし、一度成功すれば長くその状態が続きますので、頑張りましょう。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする